福岡県福岡市の障害者支援施設の工房陶友です。陶器や絵葉書の販売、豆腐等の食品販売、陶芸教室も行っています。


障害者支援施設・工房陶友

Home arrow 活動報告 arrow いろり塾 & 実習生お疲れさん会

いろり塾 & 実習生お疲れさん会

今日は、「いろり塾」です!

今日のテーマは、「自分の子どもに障害があるとわかったら

本当は勉強会をして交流会ですが・・・・
おなかがすいたので、今日はごはんが先です!!
                        
(みんなで決めたのよ><)
ただいま準備しております~

あとでまたみんなのコメントのせますね!!

 

~~~ここからは、勉強会が終了してのみんなのコメントです。~~~

ではまず一人目からどうぞ~

今日は私は発言していませんが、私が検査して子どもに障害があるとわかっても、やっぱり産むと思います。障害があろうとなかろうと自分の子どもとして同じように愛せると思います。今日の実習生はみんな熱くて泣き出す人も続出でビックリしたけど、それだけありのままの自分が出せるいろり塾ってやっぱりいーなと思いました☆   岩永

 今日はイロイロと語ってしまいましたけど、ヒトコトで言うと~《障害を持った子供を産んだら、産んだ責任はないけど、育てる責任はある!》です。タスキ

 5日間の実習を終えたばかりです。今回のテーマについて私は検査しないと思います。産まれてきた子供がたとえ障害であっても、周りになんと言われても私なら愛情をたっぷり込めて育てると思います。うまく言えないし、子供を育てるということを簡単に言えることではないけれど、愛情を込めることは今でも言い切れる気がします。初めてのいろり塾を体験しましたが、今までにはないこのような場で自分が自分らしく発言できたことに驚いているとこです。5日間の実習も含めてみなさんありがとうございました。ウエヤマ

 今日始めていろり塾に参加させていただきました。私は検査も受けないと思います。もし自分の子どもが障害を持っていたとしても、長い期間お腹で大きくなった子どもだからこそ愛情を持って育てられると思います。今日はすごく学ぶことの多い1日でした。。

 たくさんまなべました。検査を受ける受けないにしろ生まれてくる子には、かわりないです。 (馬場)

 

今日5日間の実習が終わりました。最終日にいろり塾に参加させていただき、実習で学んだことも含め自分の意見を素直に言うことができました。。今回のテーマについては、他の人の意見を聞いても自分なりの答えは出ませんでした。率直な意見を言うと、自分がその立場だとどうなるか分かりません。でも、検査は受けないと思うし、もし産まれてきた子供が障害があっても前向きに共に生きていきたいと思います。この5日間とても濃く深い実習になりました。ありがとうございました。(南部) 

今日も、笑いあり涙ありのいろり塾でした。私だったら産むか産まないかは、まわりに相談して決めると思います。何かとまわりの意見に左右されやすい私ですが、「何があっても自分のこは自分が守る!」 といえるような強い母親になりたいです。もっとも相手をみつけることが先決ですが(笑) フクモト

今日始めていろり塾に参加させていただきました。私は、検査を受けませんが、もし、障害があると分かってしまったらどうするか正直わかりません。悪い方向ばかり考え、前向きに物事を考えることが出来なくなると思います。だから、私は、検査を受けず、障害がある子が生まれてきても、前向きに考え、生きていきたいです。(佐藤)   

今日、いろり塾に始めて参加させていただき、すごく考えました。結局、私の中でまとまってはいないのですが、障がいがあってもなくても新しい命であるということには変わりありません。かけがえのない命を大切に育てていけるように、私自身の人生を一生懸命生きていきたいと感じました。また、参加したいです。(神原)

夜の墓場は怖かった。(夜中に駆けつけて来た 草場)

今回のいろり、実はちょっとつらかったです。なぜなら今週、きつかったから。
特に、前日がきつかったんです。なんだかとっても忙しくて。。。なんだかわからないけどいっぱいいっぱいでした。
「明日、いろり塾がある」と思うと・・・・・って感じだったけど、
いざ、今日。 仕事が終わって、終礼も終わると少し気持ちが軽くなって向かうことができました。
結局、いろり塾の時間が楽しく過ぎて行きました。(もちろん、司会は苦手だけど(笑))
とにかく、今回もみんなに元気をもらいました


 

 

              次回、10/13(土)19時からです!


最後に・・・
『俺たちは兄弟や!』   今日は大脇さんが泣きました。(本日、参加者12名です。)
 
< 前へ   次へ >