福岡県福岡市の障害者支援施設の工房陶友です。陶器や絵葉書の販売、豆腐等の食品販売、陶芸教室も行っています。


障害者支援施設・工房陶友

Home arrow 活動報告 arrow 5月のいろり塾

5月のいろり塾
2011年5月21日のいろり塾の報告です。

今年度最初のいろり塾です☆

テーマは『これからのいろり塾について』です。

 

今年度、新人職員も2名入り、いろり塾にも新しい学生&社会人メンバーが増えたこともあり、「今年度のいろりは内容を少し変えて取り組んでみよう!!」と考え、みんなを集めて「いろり塾にどうしてきているのか?」「いろりをこんな風にしてみたい!!」などなど、それぞれの思いを話していただきました☆

 

職員もフムフム・・・と参考になる意見がたくさん出ました。

今年は、従来の勉強スタイル、だけではなく、“外に飛び出していろんなことを学ぼう!!”そして“みんなでいろいろな経験をつんで、人間として豊かになろう!!”というテーマに取り組んでいこうと思っています。

初めての試みでどうなるのか楽しみであります。

みんなで新たないろり塾を作り上げていければ・・・と思います。(たなか)

 

さて、

☆みんなの感想☆です!

 

●昨日の囲炉裏塾ありがとうございました。初めてということもあって、まだよく解らない部分も有り自分自身浮いていないか心配でしたが参加者の皆さんの何かを作り出そうと云う意欲と真面目さを感じました!今後も障がい者福祉の理解と学習のきっかけ作りとして参加したいと思います。(やまぐち)

●今回は『核』を押さえつつも、いろり塾の型を皆で模索出来たように思います。どの考えが正解というわけでもなく、自分の思いや意見を言える『場』、人の思いや考えを共有したり自分の視野を見つめる『場』、また多くの人と繋がる『場』は貴重だと思います(^-^)主催する側と参加者と立場は違えど共に学び、繋がり、創り・・合うという所は同じだと感じました!!  (くりげの)

 

●今年度のいろり塾をどう運営するか本当に悩みました。

そして、私はとにかく人の集まる場を作りたいということを前提に、本来のさまざまな事が学んでいける場を作り、楽しんでいく!!たくさんの人が学びに興味を持てる手段をいろり塾を通して学んでいきたいと思います。みなさんご協力お願い致します。ちなみに、今年度は、ワークショップ的な事を取り入れていきます!!座って行う勉強だけでなく、体験して学ぶ事にも取り組んでいきますので是非参加して下さい!! (かく)


●今年度から陶友の職員になり、初めてのいろり塾でした。今までのスタイルを知らないですが、より有意義な場に出来るように職員として取り組みたいと思います。自分だけの視野や考え方だけではなく、いろんな考え方を学べるのでどんどん吸収していきたいと思います。また、人生でも福祉職としても先輩方が多いので、経験してこられたものを自分の糧にしたり、自分のフレッシュさで良い影響をいろり塾に注入できたらと思います。(じきょう)

 

●今まで参加してきたいろり塾とは違いました!自分は今日入れて4回目の参加になります。
実習後でも楽しく遊んで学べる居場所があるというのは本当に素敵な事です^^
自分もいろり塾を広めたいとは思っておりますが誘い方やすすめ方が重要となってきます。これからは、視野を広めいろり塾を知ってもらうというのが目的となっているので自分も時間がある限り参加しようと思っているので楽しみです!(ミヤザキ)

 

●初期のいろり塾の実行委員会メンバーとしての想いからの感想になります。
真剣にみんなで「いろり塾」について考える場を作れて、正直、羨ましかったです。
「いろり塾に参加する理由」の交流で、「自分の思ったことを真剣に話せる。そんな場はなかなかない。自分が話したことを否定されるのではないか、ということを恐れないで良い。そういう信頼関係がここにはあるんですね。」という感想がありました。
いろり塾を始めた時に大切にしてきた想い-一つの正解をさがす場にしない。それぞれが自分の思ったことを言うことが大切にされる場にしよう-という想いは確かにこのいろり塾で受け継がれているんだなぁと思いました。違う意見の人でもそういう意見もあるんだねと受け入れることができる場です。
そこにプラスされて、今度は「何をしたら面白いかな?」ということを興味を持って考えていけるという、新たな変身を話し合う日だったのかなぁ~と思います。
これからまた楽しみです。 (とくい)

 
< 前へ   次へ >