福岡県福岡市の障害者支援施設の工房陶友です。陶器や絵葉書の販売、豆腐等の食品販売、陶芸教室も行っています。


障害者支援施設・工房陶友

Home arrow 活動報告 arrow いろり塾 arrow 9月のいろり塾

9月のいろり塾

9月のいろり塾です!

今日のテーマは「保育について」

今回は、現役の保育士の方に来ていただいて、お話をしていただきました。
保育の実態や、今、変えられようとしている制度のことを学習しました。

みなさん、どうでしたか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今日は保育の現状を聞くことが出来て、本当に勉強になりました。ニュースとかで待機児童がいるとかの問題は知ってましたが、制度を変えていく案が出てたり、子供の気持ちや保育士としての姿勢、子供との向き合い方について、知る事が出来て、勉強になりましたが、正直、びっくりすることも多かったです。今日、この勉強会に参加できて、勉強になり、色々考えさせられました。ありがとうございました。   井上美彩子

 今日は、とても良い話が聴け、嬉しかったです久しぶりに心が温かくなりました★たすきあい

保育の話は全て新鮮で知らない事ばかりでした。自分が知っている医療の問題とも、また障害者の問題とも、似ているところがあるのだなと思い、それが新たな気づきでした。現場で一生懸命がんばっている方のお話を聴かせていただき、自分もがんばらなければいけないと元気と勇気をもらいました。ありがとうございました。   石島 洋輔

僕自身も福祉を学んでいるのですが、保育の現場の話しや制度改正の事など多くのことを知ることが出来ました。これからは保育の分野にも目を向けていきたいと思います。 穴井 悠斗

保育の話しだけど、いつか聞いた話。「障害者自立支援法」になる前に、私たちが不安に思った(今も矛盾を感じている)ことばかり。障害分野でこんなに反対が出ているのに、それを保育の分野に持ち込もうとするなんて!!(怒)
泥だらけで遊んでいる子供たちの姿が印象的でした       (とくい)

現場関係者は対象者と向き合って・・・常によく観察し、学び行動することの大切さを改めて感じました。生きる事に信念を持って、自分の生き様が問われる仕事だと思いました。また、子供、お年寄り、障害者など社会的に弱い人はたちはもちろん、誰もが安心して生きることの出来る社会を微力ながら創造していきたいと思います。 (クリゲノ)

保育について、制度だったり普段の園児たちの生活だったりと、知らないことが多かったですが、それらを分かりやすく知ることが出来て良かったです。子供と長く接してる現役の保育士さんに、子供への対応・親への対応と色々参考になる話も聞けたので、これから仕事上で生かせて行けたらと思います。他、みなさんの意見も聞いてると、しっかり考えてるなーと思うことばかりでした。久々のいろり塾では、有意義な時間を過ごせました。 (吉住奈央)


今回、大変勉強になる「勉強会」でした!
お話してくださった方の話もとてもわかりやすかったです!!

次回のいろり塾は、10/3(土)の予定です!バーベキュー会やりたいなぁ~


 


 
< 前へ   次へ >